まとめる前に知っておく事

おまとめローンが利用できることで、これまでの悩みも解消し、新たな気分で再出発ができますが、おまとめは多くのメリットが有ります。
しかし、反対におまとめしなければよかったと後悔する場合もあります。
おまとめを申込む前に、押えておくべきポイントを知っておきましょう。

「おまとめの目的に具体性を持つ」
ただおまとめをすれば楽になるといったおおざっぱな目的ではなく、「おまとめをすることでどうしたいのか」を明確にする必要があります。
たとえば、「一日でも早く完済を済ませて、借金から解放されたい」とか「今の毎月返済を少なくして、生活にゆとりを持たせたい」といった目的があるはずです。
たとえば「一日でも早く完済を済ませて、借金から解放されたい」といった目的の場合は、できるだけ低金利のおまとめを探す、1回の返済額を多くするが重要になります。
また「今の毎月返済を少なくして、生活にゆとりを持たせたい」というかたは今の金利より低くなるところで、1回の返済が低めに設定されているところを選ぶ事がポイントになります。

「おまとめ前とおまとめ後の違いをシミュレーションしてみる」
今の生活を少しでも楽にしたいと思って利用するおまとめですが、場合によってはあまり変わらない、今より総返済額が多くなるということもあります。
そうならないためには、「返済シミュレーション」を利用して、現在の状況と、おまとめをした後の状況を見比べてみましょう。
返済が楽になるということで、毎月返済額を低くし過ぎると返済期間が長くなり、金利を含めた総返済額が増えてしまうので、おまとめをしなければよかったと後悔することにもなります。

「おまとめ以外に任意整理もあることを知っておく」
おまとめは複数社からの借り入れを一本化することで多くのメリットが有ります。
複数ある支払いを1つにすることで月々の支払いが少なくなるのは事実ですが、返済額が少なくなると、借金が減ったと勘違いしやすいのです。
おまとめローンは複数社の借入を一本化するだけなので、借入先が変わるだけで、借金は減りません。
借金を減らす方法には任意整理という方法もあります。
任意整理は自己破産などと違って、裁判所を使わずに債権者(金融機関)と法律に基づいた話し合いをすることで借金の減額や返済方法などを話し合いながら和解を進めていく方法です。
ただ、任意ということになるので必ず応じてくれるとはいえませんが、弁護士などに相談すれば、話し合いも円滑に薦められるので任意整理も借金を減らす方法のひとつとして知っておきましょう。