マイナチュレの成分が気になる…

マイナチュレでは、頭皮に負担のかかる化学合成成分を配合していません。例えば、髪をコーティングして手触りを良くするシリコン、肌バリアを破壊する可能性のある石油系界面活性剤、体質によってはアレルギーを起こす可能性のあるタール系色素や紫外線吸収剤などは不使用になっています。
マイナチュレはデリケートな肌質でも安心して使用できるよう、天然由来の成分を使用しています。マイナチュレの育毛剤に使用されている3つの有効成分は、一見すると化学合成物質のようですが、実は自然界に存在している成分です。
センブリはリンドウ科の植物で、漢方薬では当薬という名前になっています。強い苦みがあり乾燥させてお茶にして飲む他、エキスを抽出して皮膚の炎症を鎮めるために使用されていました。血行を促進する働きがあり、細胞を活性化して育毛を促す効果が期待できます。
グリチルリチン酸ジカリウムは、甘草というマメ科の植物に含まれている成分です。甘草はセンブリと同じく漢方薬ではおなじみの生薬になり、解毒や消炎作用、鎮痛作用があることから、多くの漢方薬で使用されています。アレルギーを抑えてフケやかゆみを防止する働きがあるため、育毛剤で使われることが多い成分です。
酢酸DL・α・トコフェロールは、ビタミンE誘導体のことです。水に溶けにくい性質を持つビタミンEを安定させて浸透力を高めた成分です。ビタミンEには細胞の酸化を防ぐ働きがあり、毛細血管の血流を良くして育毛に必要な栄養を隅々まで届ける効果が期待できます。
マイナチュレの育毛剤は、植物由来成分とビタミンEの力により、育毛に適した頭皮に整えていきます。そのため頭皮が荒れて刺激に弱くなってしまった肌にも安心して使用できます。
【マイナチュレ徹底解剖】効果ある?副作用は?薄毛事情を徹底調査!はこちら